株式会社パルドデザイン 代表取締役社長 市川 浩也

受賞歴/
2015年京都市長賞 2016年京都信用金庫起業家大賞受賞 2017年京都市消防局署長賞受賞 

経歴/
2005年2月   鈴鹿400ccロードレース選手権出場 
2005年7月   鈴鹿4時間耐久ロードレース参戦 600ccクラス 予選55位/決勝44位
2005年12月  NGK杯鈴鹿 ST600 鈴鹿200km耐久ロードレース 予選24位/決勝13位(雨天でトップ集団に食い込む)
その後、スポットでレース活動を行い、honda系レーシングチームでチームサポートやマネージメントに担う

2009年12月   非常勤特別職地方公務員となる
2015年6月   パルドデザインの前身Poster and Life Designを創業
2015年7月   母校にてIT及びSNS講座にて講師を務める
2015年11月   京都市長賞受賞
2016年2月     京都信用金庫起業家大賞受賞
2016年4月   京都精華大学にてデザインサブ講師
2017年5月     京都市消防局署長賞受賞

2017年11月 株式会社パルドデザイン 代表取締役社長就任

 

代表挨拶

起業家として常に挑戦し続けます。働き方改革の本質は生き方改革であり、働く人が自分の生き様をどう考えていくか-。私はは働く人の生き方改革にも挑戦しています。
時短勤務、テレワークをはじめ、社内で出したアイディアを基に社内の組織をつくり、働きやすい環境を共に考えてきた結果、クライアント様への価値創造や仕事の結果を通して、社会に必要とされる企業・人材育成を目指してきました。

働くということは社会に必要とされること。生きるということは社会に居場所があること。働くこと、生きることは常に一体であり、その一体感を持ち続けることが仕事や人生のモチベーションとなり、その人自身も豊かにしてくれると私はは考えます。

これが経営理念のコンセプトであり、人材を「人財」へと成長させることで社員は社会から必要とされる存在になり、企業としての成長につながります。つまり、社員の成長は会社の成長そのものであり、企業のみらいを創造するのは社員であり人間なのです。

世界には様々な課題やニーズがあり、主に中小企業の経営課題に対して採用プロモーションを通して解決を行ってきましたが、次はあらゆる世界、地域で必要とされているニーズや解決するべき課題に対して事業ドメインを確立し、各種方法を以て日常の中でのソリューションを行って参ります。技術的に特異的な事を目指すのではなく、日々の中にあるニーズや課題と向き合い事業を継続し、ストック収益を確立していきます。